プロペシアの副作用に注意しておこう|薄毛治療の落とし穴

4人の男性

育毛薬の注意点

微笑む男性

プロペシアはAGA治療薬の代表的な存在です。その作用は、有効成分であるフィナステリドがAGAの原因となっている男性ホルモンの働きを抑制するというものです。一方で副作用としては男性ホルモンに作用することで勃起不全になるといったことが報告されています。

詳しく見る

AGA治療の内服薬

髪の毛

プロペシアはAGAの治療薬として高い効果がありますが、副作用を起こす危険性があります。髪が生えてきても男性機能が低下したままではプロペシアを服用した意味が半減してしまいます。体調の変化をしっかりとチェックしながら、服用するようにしましょう。

詳しく見る

男性型脱毛症の薬

鏡を見る男性

服用するときの注意事項

プロペシアはよく効く男性型脱毛症の内服薬ですが、飲んでも効果がない人がいます。プロペシアは男性ホルモンが原因で発症する薄毛に効果がある薬なので、プロペシアを飲んでも治らない人は、ホルモン以外の原因が考えられます。また、プロペシアには多かれ少なかれ副作用が存在します。代表的な副作用には、頭痛、吐き気、めまい、頻尿、精力減退、EDなどがあります。服用を止めると治る場合が多いですが、それでも治らない場合は医師に相談をする必要があります。また、プロペシアを飲んで一時的に脱毛がひどくなる人もいます。これは乱れたヘアサイクルが正しい方向に進もうとしているときに起こりやすい副作用です。ちょっと我慢すればたいていは改善されます。

効果が高い薬

プロペシアは多くのクリニックで取り扱っている薄毛の効果的な治療薬です。クリニックに薄毛の相談に行って「男性型脱毛症」と診断されると、ほとんどの場合まずプロペシアが処方されます。1日一錠飲む内服薬で、30日分で6000円〜8000円ほどします。薄毛治療は保険が効かないので、薬代はすべて自己負担になります。プロペシアを飲んだ多くの患者が、脱毛の進行が止まり、薄毛が改善されているのを実感しています。プロペシアを3年間服用した8割ほどの患者に効果があったという研究データもあります。副作用の心配もありますがごくわずかで、医師と相談しながら飲むことで副作用が起こったとしてもすぐに診てもらうことができます。

AGAの治療をしよう

頭を抱える男性

近年は、AGAの治療にプロペシアの吹くようによる方法が多く用いられています。これには、一般的な病院で気軽に診察,治療を受けられるため、人気の治療方法となっているのです。プロペシアには、性欲不振や性機能の低下などの副作用が見られるため、注意して使用しなければなりません。

詳しく見る