プロペシアの副作用に注意しておこう|薄毛治療の落とし穴

スーツの男の人

育毛薬の注意点

微笑む男性

AGA治療の内容

AGAとは男性型脱毛症のことであり、AGA治療というと男性型脱毛症を治療することを指します。AGAという言葉が登場したのはアメリカで発毛効果が認められる育毛薬が開発されたことが影響しています。AGA治療で使われる薬の成分としては、ミノキシジルとフィナステリドの2つが代表的です。ミノキシジルは血管拡張作用があり、もともとは降圧剤として開発されたものですが、皮膚に塗布しその成分が留まることで毛根細胞が活性化され毛が生えてくるとされます。ミノキシジルはアメリカではロゲイン、日本ではリアップの名称で市販薬としても売られています。一方でフィナステリドは抜け毛の原因となる男性ホルモンの働きを抑制するもので、プロペシアという名称で販売されていますが、日本では医師の処方箋が必要な薬となっています。

注意すべきポイント

ミノキシジルは、育毛剤として市販されており誰でも購入することができますが、フィナステリドを含んだプロペシアはクリニックでAGA治療を受けるか個人輸入といった方法でしか手に入れることができません。一方で薄毛や抜け毛の原因は男性ホルモン以外にも考えられるためプロペシアの場合には毛根細胞を活性化させるミノキシジルと異なり必ずしも効果が出るわけではないので注意が必要です。またミノキシジルもフィナステリドもどちらとも副作用としての発毛効果を研究して育毛薬として販売されたため副作用のリスクもあります。特にプロペシアのフィナステリドは、前立腺肥大症の治療のために開発されたため男性ホルモンに大きく影響がでる副作用のリスクがあり、少数ですが勃起不全になるといった副作用の報告がなされています。